子どもが自転車に練習乗る方法

皆さんのお子さんも自転車に乗れる時期が来ましたか!

自分は、乗れるけど『どう教えたらいいかわからないという方』におすすめの記事になっております。

また、この記事では乗れた後に私が思う気をつけてほしいことを書いております。

スポンサーリンク

自電車に乗る方法

子供が自転車に乗る方法はいくつかあると思いますが、今回は補助輪を、使わない方法を紹介しようと思います。

①自電車に乗る準備をする

を用意する。

②自転車の調整をする。

  • 自電車のペダルを取る!(理由は後程)
  • 自転車のサドルを子供の高さに合わせる

最初にペダルをこぐ作業と自転車のバランス感覚を、覚えるは大変なのでひとつずつ覚えるためにペダルを取ってまずは、バランスをとる練習をしましょう!

バランス感覚を覚えるためにペダルを取って、前に進むように地面を蹴ってハンドルを動かすことでバランスがとれるようになります。

③慣れてきたらペダルをつける

バランスがとれるようになってきたらペダルをつけてやります。

子供がペダルをこぐときは、転ばないようにサドルの後ろを軽く持ってあげましょう!

この練習をしているうちに、サドルから手を放しても子供がバランスをとって自転車が乗れるようになります。

以上です。

『②.③のときは、子供と一緒に楽しむようにしましょう!』

私が思う自転車を乗るうえで一番重要だと思うこと!

自転車に乗るときに一番重要なことは、乗れた後に『大きなけがをしないように転び方を学ぶこと』(自転車に慣れること)です。

乗れてよかったねではなく、砂などでタイヤを滑らせて転んだ時に上手に転ぶことができるかが、大きなけがをするかしないかだと思います。

小さい頃は親が、『プロテクターを危ないからつけない』と言ったらつけてくれると思いますが、小学生の高学年以上になってしまうと『かっこ悪いからつけたくない』と思いつけなくなると思います。

なので小さい頃に、上手な転び方を学ぶ必要があります。

上手な転び方を学ぶ方法は、たくさん自転車に乗っていろいろなところを走ってみることです。

いろいろな場所を走ってみないと

  • どういう場所が転びやすいのか?
  • 転んでいるときは体を動かしたらいいのか?
  • ブレーキは前の方がいいのか後ろの方がいいか?

などを自分の体で学習出来ません。

私の場合はこのように学習しました。(参考程度に)

どういう場所が転びやすいのか?

  • 凍った道の上
  • 道路の歩道と道路の段差
  • 砂や砂利が散らばっているとこ
  • 雨が降った後の草が生えている場所
  • マンホールの上に水や砂がのっている

転んでいるときは体を動かしたらいいのか?

  • 転んでいるうちに慣れて無意識に体が動く。

ブレーキは前の方がいいのか後ろの方がいいか?

  • 両方同時に止まれる力ゆっくりでブレーキを握る。

などを経験してわかりました。

自転車に慣れないと、大きくなってから大きなけがをする場合があります。

私の友人は学生時代に、自転車で『骨折』をした人が何人かいます。

その人たちは、小さいの頃に自転車を乗れはしたものの乗る機会がなくて、中高の通学で久々に乗るようになり、自転車に慣れてなかったので、タイヤが滑って転んだ時に大きなけが『骨折』をしてしまったことがあります。

私は、子供の頃はたくさん自転車に乗っていろいろな場所に行っていたので大体転びやすい所もわかりますし、転んだあとにどうすればいいのかも無意識に体が動きます。

なので大人になってころんでしまっても、1~3日で治るかすり傷だけすんでしまいます。

皆さんの子供が、大人になって大きなけがをしないように小さいの頃にプロテクターをつけて自転車でどこかに一緒に走ってあげてしてほしいなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

乗り方の知識を覚えても乗れないので、実際に乗ってみることが大事!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。