最近多いイヤホン.ヘッドホン難聴とは?何なのか紹介します!

最近家の中でも外でも、イヤホンやヘッドホンをつけてる人がいると思います

 

それが原因で現在、イヤホンやヘッドホン難聴というものが増えているそうです

 

世界に見ても若者の半数が、イヤホンやヘッドホン難聴の危険があると言われています

 

そんなイヤホンヘッドホン難聴とは何なのかを、ご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

イヤホンやヘッドホン難聴とはなにか?

難聴の原因

原因は音楽などを大音量で聴いたり、大音量でなくても長時間イヤホンやヘッドホンで音楽などを聴くことが、難聴の原因になるようです。

 

~難聴の原因~

  • 大音量で音楽などを聴く
  • 長時間音楽などを聴く

 

最近では周囲の音が聞こえないほどの大音量にして聴いて、音漏れをしながらも聞いている人を見かけることがあります。

 

この時本人はそこまで音量が出ていることが気がつかずに、大音量で聞いてることが怖いところです。

 

この(イヤホン.ヘッドホン難聴)の怖いのは、自分が気づかずに少しずつ耳の中を傷つけて難聴になっていくことです。

 

難聴になっていくのは、気づきにくいので目が悪くなるときに似ていますね。

 

難聴の初期症状

そして難聴になっていくと次のような初期症状が出てきます。

  • 人がたくさんいるところで話すとよく聞こえない
  • 少し遠くにいる友達の声が聞こえにくくなる
  • 友達数人集まって話すと聞こえにくくなる。

 

初期症状は、聞こえにくくなるだけなので「気のせいかな?」と軽く考えてしまうことが多いので、気づくことなく難聴に向かって足を進めてしまいます。

 

難聴の症状

もっと症状が悪くなると次のような症状が出てきます。

 

  • 耳鳴りがするようになる
  • 水の中にいるような音の聞こえ方がする。
  • 難聴になった耳だけが、聞こえにくくなる(片方の場合もある)

 

音が聞こえにくくなるのでもっと大きい音で聴くことになり、悪循環が続いてしまうので、耳が聞こえにくくなってきたらすぐに病院に行くことをオススメします。

 

難聴は治るのか?

一度傷ついてしまった耳の中は、治ることはありません。

 

まだ症状が軽く多少聞こえにくい段階で傷難聴に気づいたことは、薬などで治る可能性がありますが、初期段階は気づきにくいのでそのまま難聴がひどくなり、気づいた時はもう治らないことが多いです。

 

難聴の予防策とは?

耳を休ませる

音楽などを聴いていると耳は、疲れてしまい難聴になりやすくなります。

なので長時間音楽などを聴くのはやめて、耳が疲れてきたなと思ったら休めるだけ休めることがいいので1時間でも3時間でも休ませましょう。

 

音を小さくして聞く

音量でいうと周りの音が聞こえる程度にして聞くといいです。

 

またホラー映画みたいないきなり大きくなる音や周囲が騒がしい時に音楽を聴くときは、耳に負担がかかるので音を小さくしようと意識して聴きましょう。

 

よいヘッドホンを買う

ノイズキャンセリングという機能が、ついたヘッドホンを買うと周囲の音が聞こえにくく小さい音でも音楽などが楽しめるようになるのでオススメのヘッドホンです。

 

スポンサーリンク

まとめ

イヤホン.ヘッドホン難聴に、なってしまうと大きい音でないと聞こえなくなるので、テレビや音楽も音を大きくしてしまうことになるので、近所の方にも迷惑がかかります。

 

一番損をしてしまうのは、自分です。

 

友達との会話に入れなくってしまったりするかもしれないので、音楽などを聴くときは耳のことを考えて小さい音で聞いてほしいなと思いました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。