相手を傷つけないように断る方法を紹介します!

皆さんは、近所のおばさまから何かをもらった時や相手から告白された時など人に頼まれた時は...

 

『うまく断ることが出来ていますか?』

 

相手を、『怒らせるんじゃないか』や『相手に嫌われたらどうしよう』など、そういうことを考えるとうまく相手の誘いを断れない。

 

そういうあなたは、あなたはすごく優しい人です。

 

しかしうまく断ることができない優しい人は、ストレスが溜まりうつ病などの病気にかかってしまう危険性が高まるでしょう。

 

そこで皆さんには、相手を見てうまく場面場面で断る方法紹介していきます

 

スポンサーリンク

人のさそいをうまく断る方法

まずは人の誘いを断るときに、やった方がいい事とやってはいけないことがあるので紹介していきます。

 

始めは、やった方がいいことから紹介していきます。

 

1.丁寧にハッキリと断る

本当に行きたかったときは、「今回はごめんね」などと言えばいいのですが、「今回はごめんね」というと、また行きたくもない誘いに誘われてしまうのです。

 

なのできちんと自分が嫌な誘いはあいまいにしないできちんと「興味がない」と言ってあげることが大事です

 

2.理由をしっかり伝える

ただ『行けない』や『ムリ』だけで断っては相手が「何で断られた?」がしっかりわかっていないので、わかりやすくするために理由をしっかり伝えましょう。

 

3.相手を見てちゃんと理解する

断る相手が自分よりも年齢が年上か年下かでも断る言い方を変えなくてはいけません。

 

同年代や年下だったらあまり気にせずに断ればいいですが、年上の人だったら敬語を使い理由も詳しく言いましょう。

 

 

4.最初や最後に残念な気持ちを伝える

断るとき最初や最後に残念な気持ちを伝えるといいです。

 

たとえば『本当に申し訳ありません』『せっかく誘ってくれたのにごめんね』など...

 

残念な気持ちをつけることで、相手も「今回は仕方がないけどまた機会があったら誘おう」という気持ちになるので残念な気持ちを伝えることはしっかりしましょう!

 

うまく断るときにやってはいけないこと

断るときにやってはいけないことを紹介していきます。

1.嘘ついて断る

嘘をついて断ってしまうと、その嘘をついた時からその嘘を続けなければなりません。

 

そうすると嘘がばれてはいけないので、嘘に嘘をかさねることになって自分も疲れますし、ばれたときは『相手からの信用も無くなる』ので最悪仲が悪くなってしまいます。

 

2.感情的になって断る

感情的に断るとは、近所の人に、何かもらっていたとしても自分はそのものがあまり欲しくないもので、でも言えずにずっともらってしまっていてストレスが溜まりイライラしてしまい、また近所の人にものを貰ったときに感情的に『(# ゚Д゚)こんなものいらないよ』と言ってしまうことです。

 

感情的に任せていうと、相手も感情的になり喧嘩口調になってしまいこの場合ではその場に住みづらくなってしまうかもしれないので感情的に断るのはやめましょう!

 

3.相手に期待を持たせて断る(興味のあるふりをする)

これは、遊びに誘われたときなどの断り方でやってはいけないことです。

 

遊びの場合では、「行けたら行く」と言って期待を持たせてしまうと行けなかったときにもう遊びに誘われにくくなってしまうかもしれません。

 

スポンサーリンク

具体的なうまい断り方

具体的な断り方を紹介するので参考程度にお読みください_(._.)_

告白

告白されたときは、『好きな人か付き合ってる人がいる』ことを伝えて断るのが一番いいと思います。

 

この時あいまいに一回遊んだりすると相手の方も期待してしまうので、付き合うつもりがないのであればすぐにきっぱり断りましょう。

 

頼まれた仕事を断る

仕事を断るときには、何か理由があると思います。

 

その理由を伝えて断ることが大事です。

 

「すみません仕事が忙しくてできません」ではなくもっと詳しく「すみませんその仕事を引き受けると、今やっている仕事が中途半端になってしまうのでできません」と『今の仕事が中途半端になると』ということを、伝えることが大事になります。

 

宗教やネズミ講の誘い

宗教やネズミ講と言った誘いは曖昧な言葉で断ってしまうと相手がもしかして興味があるんじゃないかと思って連絡をたくさんしてくるかもしれないのでそこは、はっきり「興味がない」と断りましょう。

 

まとめ

~うまく断る気にやった方がいいこと~

  1. 丁寧にハッキリと断る
  2. 理由をしっかり伝える
  3. 上下関係をちゃんと理解する
  4. 最初に残念な気持ちを伝える

 

~うまく断るときにやってはいけないこと~

  1. 嘘ついてしまう
  2. 感情的になって断る
  3. 相手に期待を持たせること(興味のあるふりをする)

 

断るということはすごい勇気が要りますが、断ることができたらムダな悩み事もしなくてすいます。

 

そのムダ悩みがなくなるとストレスがなくなり、イライラせず落ち着いて行動が取れると思うので、嫌なものは嫌/好きなものは好きと『相手に伝えることが相手にとっても自分にとってもすごい重要なこと』です。

 

そいて、たまに親切に断っても怒る人がいます。

 

怒る人の場合は、『あまり関わらないようにする』のがいいでしょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。