人間が持っている自己治癒力で風邪を早く治すのが早く治る!?また風邪の時にやってはいけないことを紹介!

 

来週に大事な予定があったのに風邪を引いてしまった。

でも病院に行く時間や薬を買いに行く時間がないまたは、行きたくないという方は自分の力を信じて風邪を治しましょう!

人には、病気を治す力があるのでその力が出るように体をあっためたりするなどの病気と戦う環境を作ってあげることが大切です。

なので、風邪が治しやすくなる環境の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

風邪を早く治すには?

風邪を早く治すには、体が風邪の菌を倒したり追い出しやすい環境を作ってあげることが重要です。

なので風邪を早く治すために、よい環境の作り方を紹介しましょう。

体温をあげる

風邪を引くと体温が上がりますよね?

体温が上がる理由は、体の中にいる風邪の菌を倒す白血球が活発的に働かせようとするために温度上げています。

そして体温を1℃上げるだけでも免疫力は、5~6倍もあがるので風邪の時は体を温めることが重要です。

ですが体を温めるために「仕事があるので寝てなれないよ!」って方もいると思います。

そんなときに、『貼るカイロ』を使いましょう!

貼るカイロをコンビニなどで買って、背中に貼ることで体温があがるので忙しい日でも体を冷やさずに、風邪を治しやす環境が作れるので忙しい人には、オススメの風邪を治す方法です。

※もし体温が上がり体調が悪くなったときは、体を物理的に冷やしてあげることが必要となります。

冷やす方法は、水枕や濡れたタオルで体を拭いてあげたりするといいでしょう。

葛根湯を飲む

葛根湯を飲むと体温が上がるので風邪に効果があります。

ですが葛根湯を飲むことで効果がでるのは、風邪の初期症状だけに効くものなので、風邪の初期症状である鼻水や咳が出てきたらその日に飲むことがオススメです。

私がはじめて葛根湯を飲んだときは、小さいビンの飲み物なのですが、凄く独特な味なので「全部飲めるかな?」と思いながら飲んだ記憶があるので、味は覚悟しといたほうがいいと思います。

また葛根湯は、裏面に『15歳未満の方は服用しないでください』と書いてあるので風邪を引いている人の年齢を確認してから服用するようにしてください。

水分補給をする

風邪を引いてしまったら体を温めることが大切ということは先ほど説明しました。

そのときに気を付けたいのは、体温を上げると菌を外に出そうと汗や鼻水がたくさん出てくるので、脱水症状が起きてしまう場合があることです。

脱水症状が起きるとせっかく上げた免疫力が、下がってしまい風邪が長引く原因になります。

~水分補給にオススメの飲み物~

  • ポカリスエット
  • アクセリアス
  • 経口補水液オーエスワン
    スポーツドリンクは、水よりも体に吸収されやすい飲み物なので水分補給にはぴったりの飲み物です。

また水分補給するときは、冷たいものではなく『生ぬるい!』と感じるくらいまで温まってから飲んだ方が、体温が下がらなくなるのでオススメです。


以上の3つの方法で自己治癒力を上げて風邪を退治することがオススメです。

また他のブログやサイトなどで、ビタミンCが風邪を早く治す方法として紹介されています。

ですがビタミンCは、喉や鼻の粘膜を強化して風邪の菌が入らないようにする予防的なものなので、治ってから「もう風邪なんて引かないぞ!」という方にオススメのものになります。


風邪を長引かせること!

ここでは、風邪を早く治す方法とは逆に風邪を長引かせてしまうことを紹介しようと思います。

風邪薬を飲む

風邪薬は、危険な面もありますし風邪の症状を一時的に弱めるだけで風邪を治しているわけではありません。

風邪薬を飲まなかったら咳や鼻水などで出ていた風邪の菌が、風邪薬飲むと咳や鼻水が止まり体に、風邪の菌が居続けられる環境になるので風邪は長引くでしょう。

また市販の風邪薬にかぎった話ですが、市販の風邪薬を飲むと副作用で『SJS症候群』になってしまう場合があります。

風邪薬に含まれる解熱鎮痛消炎剤の副作用で「SJS症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)」「中毒性表皮壊死症」の病気になる可能性があるので気を付けてください。

病気になる確率は低いのですが、「SJS症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)」に発症したら発熱や関節の痛みや皮膚や粘膜に炎症反応が現れる病気です。

良く知りたい人は、身近な薬の落とし穴 警告!「市販薬」の意外な副作用をご覧ください。

風邪薬の副作用を紹介した理由は、風邪薬を100%信用して副作用に気づかない人が多いからです。

もし市販の風邪薬を飲むときは気をつけてください!

風邪の治りかけに気を抜いてしまう

風邪が治ってくると外出したくなると思います。

治りかけで外出してしまうと悪化してしまい『肺炎』『気管支炎』になるかもしれないので、風邪の症状がすべて治るまで体を温めていましょう!

スポンサーリンク

まとめ

~風邪を早く治すには?~

  • 体温をあげる
  • 葛根湯を飲む
  • 水分補給をする

~風邪を長引かせること~

  • 風邪薬を飲む
  • 風邪の治りかけに気を抜いてしまう

風邪の早く治す方法は、一番は温かい飲み物を飲んで布団に入って寝ていることです。

そして風邪の初期症状(鼻水や咳)が、出てきたら薬でおさえようとせずに「これを我慢したら早く治るんだ」と思うことが大事だと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。