飲んだ後にお酒の酔いを早く覚ます方法&二日酔い予防方法

お酒は、友達や仕事の関係で飲んでいるときは楽しくなってしまい、いつも飲んでいないのに、たくさん飲んでしまいます。

 

その次の日にツライ思いをする人は多いんじゃないんでしょうか?

 

そんなツライ二日酔いの予防は、水分を補給したり食べ物を意識するなどで予防できてしまうんです。

 

そこで今回は、『お酒を飲んだ後の二日酔い予防方法』を紹介します。

スポンサーリンク

お酒の酔いを早く覚ます方法

お酒の酔いは、お酒のアルコールが脳の神経細胞に作用して麻痺してしまうことが原因で起こります。

 

なのでお酒の酔いを覚ますためには、アルコールを肝臓で分解することや排尿することなどで、アルコールの成分を体から出すことで酔いを覚ますことができるでしょう。

 

そこで、二日酔いに効く肝臓の働きを助けたり排尿の働きを促進する動きや食べ物などを紹介していきます。

深呼吸をする

アルコールを分解するには『酸素』が必要となります。

 

なのでリラックスして深呼吸をすると、たくさんの酸素が体に入ってくるので体の中がアルコールを分解しやすい状態になるので、酔いを早く覚ましたい場合には、しっかり吸って吐いてを意識して深呼吸をしましょう。

水分を補給する

水分を補給すると、体内の水分量が増えて尿が出やすくなるので、その時に尿と一緒にアルコールを出すので酔いが覚めやすくなります。

 

しかも、アルコールが原因でなる『脱水症状』や『低血糖症』の症状である、頭痛やだるさや吐き気などの症状にも効果があります。

 

また、水ではなく違う飲み物を飲んだほうが早く酔いが覚めるようになる飲み物があるんです。

酔いが早く覚める飲み物

スポーツドリンク

スポーツドリンクには、運動した後に失われる水分や栄養素が入っています。

 

その栄養素の中には、アルコールで失われる栄養素がすべてではないですが含まれています。

 

そして水に比べて水分も栄養素も体に吸収されやすいので、アルコールが原因でなる脱水症状や低血糖症の症状である頭痛やだるさや吐き気などの症状にも効果があります。

 

しかし、お酒と一緒に飲むとアルコールが、体に吸収されやすくなるので注意してください。

 

スポーツドリンクは、中でも『アクエリアス』が効果があるようです。

オレンジジュース

オレンジジュースにも、アルコールで失った栄養素が含まれているのでアルコールが原因でなる脱水症状や低血糖症に効果があります。

 

なのでオレンジジュースは、果糖でより体に糖質が吸収されやすい飲み物になるので低血糖症の症状(頭痛/だるさ)などにはとても効果的です。

甘いものを食べる

お酒を飲んでいると、頭痛やだるさや吐き気などの症状が現れることがあります。

 

これは、お酒を分解するときに使う糖分がアルコールを分解しているうちに、少なくなり低血糖症になり出てくる症状です。

 

なのでアルコールの分解のために、糖分をとる必要があります。

 

糖分は、『チョコレート』を食べるのがオススメです。(食べ過ぎには注意が必要!)

気持ちが悪かったら吐く

吐くとまだ体の中で吸収されていないアルコールが、体の中から出されるので酔いは覚めるようになります。

 

しかし体の中に吸収されてしまったアルコールは、吐いても出ないので吐きたくなったら体に吸収される前に、トイレなどで吐いてしまった方がいいかもしれません。

ここまでのまとめ
アルコールの分解を助けるために深呼吸をする
アルコールが、体に吸収される前に吐いてしまう
水分不足に、なって酔いの症状が悪くならないように水分補給をしっかりする!
低血糖症に、なって酔いの症状が悪くならないように甘いものを口にするようにする!

飲んだ後にやってはいけないいこと

飲んですぐ睡眠をとる

お酒を飲んだ後に睡眠をとると、体がアルコールの分解をやめてしまい次の日の起きたときに、アルコールが体に残ってしまい二日酔いになってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

~お酒の酔いを早く覚ます方法~

  • 深呼吸をする
  • 水分を補給する
  • 甘いものを食べる
  • サプリメントを飲む
  • 気持ちが悪かったら吐く

 

お酒を飲んだ後は、アルコールを分解しやすい体を作ることが大事です!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。