あなたは大丈夫?睡眠不足になるとなる症状と解決策や原因を紹介します!

あなたは、自分が睡眠不足になっていないか知っていますか?

睡眠不足になると、病気になりやすくなったり精神がおかしくなったなど症状がどんどん出てきます。

もし、あなたがこの記事を読んで睡眠不足の症状が2つ以上あてはまっていたら寝方を改善することをお勧めしたいです。

そこで、睡眠不足ででてくる症状やよくある睡眠不足の原因などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

睡眠不足の症状

睡眠不足が原因で起こる症状を6つ紹介します。

食欲が増える

睡眠が少ないと脳の目覚めが悪くなり体の中の「満腹になったよ」と教えてくれるホルモン(レプチン)が減り「まだ食べたりないよ」というホルモン(グレリン)が増えるので、夜にお腹がすいたり間食が増えます。

この怖いところは、甘い食べ物や高カロリーの食べ物や炭水化物が欲しくなってしまう事です。

この食欲を我慢できない人の体重がどうなるかは...考えなくても分かりますよね?

感情が不安定になる

睡眠が少なくなってくると、イライラしたり涙もろくなったりネガティブになったりしてしまいます。

これは、睡眠がとれていない証拠です。

ちゃんと睡眠がとれていると、嫌な記憶を忘れることが出来たりストレスを解消したり体や脳をキレイにしたりしています。

睡眠不足になると、睡眠をとると出来ていたことが出来なくなるので嫌な記憶でうつになったりストレスでイライラしたりしてしまいます。

風邪をひく頻度が多い

睡眠が少なると、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり原因不明の吐き気にあうことになるでしょう。

睡眠時間が7時間未満の人は、8時間以上睡眠をとる人よりも風邪のひく確率が約3倍もあがるので7~8時間眠るようにしましょう!

うまく会話が成立しない

会話は、心臓や腸じゃなく脳を使ってしています。

寝ていないと、脳に疲れがたまり相手の話していることが理解がしにくくなり自分が話すことも理解できていないまま話すので会話になりません。

例えると、運動をしているときに休憩を入れないで疲れたまんま続けていると動きがにぶくなっていくみたいな感じです。

それと同じことが脳で起きていると考えてください。

仕事(勉強)中眠くなる

人は、とても脳が発達しているので睡眠(体や脳を休めること)をとらないと死んでしまいます。

なので人は、睡眠を取らないと自然に死なないように眠くなる成分を自分で作って休めようとしようとして、夜でもないの日中に眠くなるのです。

何かを忘れることが多くなる

睡眠が、少なくなってくると体は起きていても脳は寝ぼけている状態になってしまうことがあります。

なので、今さっきやっていたことの記憶や何かを取りに行く記憶などが混乱して思い出せなくなってしまいます。

仕事が、忙しくなってあまり眠れない日が続くと何をやってもうまくいかなくなってしまうことがあるので無理をしないで、睡眠はしっかりとりましょう!

睡眠不足のよくある原因

睡眠不足の人によくある睡眠前やってしまっていること3つを紹介します。

あなたにも当てはまる点が、あったら今日からはやめて良い睡眠を取りましょう!

お酒を飲む

お酒の中には、神経を麻痺させて脳を『ボッー』とさせて眠気を誘(さそ)うエタノールという成分が入っているのですぐに眠くなります。

そしてお酒に入っているアルコールは、※利尿作用があるので夜目が覚めてしまい深い眠りにつけずに浅い眠りのままなので、体が休まずちゃんと寝ているつもりでも睡眠不足になってしまいます。

※利尿作用とは?

体内に含んだ余分な水分を尿として出すのではなくアルコールに反応して尿を出す作用

食事

眠る前に食事をすると体が休まりにくくなります。

体は、同時に体を休めたり食べたものを消化することはできません。

なので、あなたが寝る前に食べたものは睡眠中に消化されるので体を休める時間が無くなってしまいます。

食べるものによって多少は違いますが、消化が落ち着くまでに約3時間かかりますので、夜食を食べるときは睡眠前の3時間前にとるようにしましょう!

 

明るい画面(TV.PC.スマホなど)を見る

あなたが、よく見る明るい画面(TV.PC.スマホなど)は神経を興奮させる青い光(ブルーライト)を出しています。

ブルーライトは、神経は興奮すると睡眠に導入させてくれる『メラトニン』の分泌を減少させてしまい睡眠に入りにくくなってしまう効果があります。

タバコもこの効果があるので睡眠の1時間前には吸うことはやめましょう!

スポンサーリンク

良い睡眠をとるには?

起きたら朝日を浴びる

朝日を浴びると体も脳が起きやすくなります。

朝日を浴びることで二度寝の予防にも体内時計の調整にも役立ちます。

そして、朝日を浴びてから15~16時間後また眠くなるように体はできているので朝起きたら朝日を浴びることをお勧めします!

 

眠りに良い香りを香る

ランダーやカモミールなどの香りは、睡眠の質を上げてくれます。

加湿器にオイルを入れたり、オイルを薄くしてから枕にかけるなどして香ると良い睡眠につけることでしょう。

詳しくは☛睡眠の質を簡単に上げる方法をご覧ください。

 

睡眠補助におすすめの商品紹介!

いつも寝ても疲れが取れない人におすすめの商品を紹介しようと思います。

サプリメント-『北の大地のしずく』-


こちらの商品は、睡眠しても疲れが取れなくて悩んでいる人に向けてつくられている商品です。

10年睡眠に悩んでいた方もこの商品を試してみると「スースー」眠れるようにと大好評だそうです。

うまく睡眠がとれてない方はこのHPだけでも見てみて下さい!
詳細はコチラ

まとめ

睡眠不足の症状

  • 食欲が増える
  • 性欲が無くなる
  • 風邪になる頻度が多い
  • うまく会話が成立しない
  • 仕事(勉強)中眠くなる
  • 何かを忘れることが多くなる

睡眠不足のよくある原因

  • (睡眠前に)食事
  • (睡眠前に)お酒を飲む
  • (睡眠前に)明るい画面(TV.PC.スマホなど)を見る

良い睡眠をとるには?

  • 起きたら朝日を浴びる
  • 眠りに良い香りを香る

いかがだったでしょうか?

睡眠不足の症状が2つ以上ある方は、今寝ている環境が悪い可能性があったり仕事や勉強の頑張りすぎで睡眠の質が下がっている可能性があるのでいつもよりも少し早めに寝てみましょう!

睡眠不足は、生活習慣病になりやすい体になってしまうのでより長く健康に生きたい方は自分を大事にして食事や睡眠をしっかりとりましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。