納豆を毎日食べることをおすすめしたい理由!~得られる健康効果を紹介~

納豆は、良い食べ方をすると心筋梗塞や乳がんなどの病気の予防になるって知っていましたか?

ですが、悪い食べ方をしてしまうと9割も納豆の良さを駄目にしてしまうことがあるんですよ!

納豆は、おいしいだけではなく健康的になれる食べ物です。

ですので、皆さんには効果的な食べ方を知っていただきたいと思います。

納豆の良さを、納豆とは何か?やその効果や良い食べ方や悪い食べ方を紹介しようと思います!

スポンサーリンク

納豆とは何か?

納豆の原料は大豆です。

納豆は、大豆に納豆菌をつけてから発酵させて作られています。

発酵食品(納豆.キムチ.メンマ.等)の中でも納豆は、栄養が豊富な世界に誇れる食べ物です。

納豆には主に以下のような体に良い成分が、含まれています。

  • カルシウム
  • イソフラボン
  • 大豆イソフラボン
  • ナットウキナーゼ
  • ビタミン(B.E.K)
  • 水溶性.不溶性食物繊維

以上のも成分は、この記事で紹介する成分なので全てではありません。

納豆の凄い効果とは?

納豆を食べると体に起こる体に良い効果を紹介します!

腸内の整理

腸内には、善玉菌(良い菌)と悪玉菌善悪い菌)がいます。

善玉菌(良い菌)よりも悪玉菌善(悪い菌)が多くなると、便秘や肌荒れや頭痛などの症状が出てくるようになります。

納豆を食べると腸内にいる善玉菌(良い菌)を増やしてくれる効果があり腸内が調子よくなります。

しかも、納豆には水溶性.不溶性の食物繊維が含まれているので💩が大きくなり腸を刺激して💩が出てきやすくなります。

下痢や便秘などの症状が、ある人は食べるものを見直してみれば治るかもしれませんよ!

骨を丈夫にする

納豆には、骨にはかかせない材料が入っています。

その材料は、カルシウムビタミンKイソフラボンです。

  • カルシウムは、骨の素材になっています。
  • ビタミンKは、骨と骨をくっつける接着剤みたいな役割があります。
  • イソフラボンは、骨が溶けにくいようにしてくれる役割があります。

しかし!

残念ながら納豆だけ食べていても骨は、効率よく丈夫になりません。

なぜかというと!

カルシウムは、体に入ると約10~50%しか体の栄養にならないからです。

カルシウムをもっと体の栄養にするためには、タミンD(魚介類.きのこ.)などを摂ると体の栄養になる割合が増えので、納豆とともに食べることをおすすめします!

血液がさらさらになる

納豆に、含まれる『ナットウキナーゼ』という納豆にしかない成分があります。

このナットウキナーゼは、血管を詰まらせることのある血栓(血液の固まったもの)を、溶かし血管をつまならないようにしてくれる効果があります。

納豆を食べることで、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を予防してくれたり血液がさらさらになるので血圧の上昇を、防ぐ効果もあります!

スポンサーリンク

納豆の効果を増やす食べ方

納豆の栄養をより摂取する方法を紹介します!

混ぜる回数

納豆を、混ぜる回数は100回混ぜるとおいしくなり栄養が摂れるとされています。

朝よりも夜に食べる

朝よりも夜食べると効果的です!

その理由は、先ほども出た『ナットウキナーゼ』という成分が食後約8時間で働き始めるので私たちが寝ている間に、血液をさらさらにしてくれてそのさらさらになった血液に乗って栄養が体中にいきわたるので健康的な体になるようになります!

さらに、納豆に含まれる『アルギニン』という成分は寝ているときにでる成長ホルモンを増やしてくれる効果もあるので、若々しい姿になっていくと思います。

夕食の食べる時間を、調整して食べるとより効果的かもしれませんね!

食べる前に冷蔵庫から出す

食べる20分前に出すと納豆の中で発酵がより進んで栄養や旨味が少しだけ増えていきます

納豆は賞味期限の寸前に食べる

納豆は、冷蔵庫の中でも発酵しています。

賞味期限の直前になると発酵が丁度良くなるので買ってすぐ食べるときよりも栄養も旨味も増えていますよ!

ですが、賞味期限をきれたものは発酵が進みすぎてアンモニアの臭いにおいがしたり触感が悪くなってしまうので、発酵をしていれば栄養が増えると考えて賞味期限がきれたものを食べるのはおすすめ出来ません😿


食べるときに注意しなければいけないこと🙅

納豆を食べても、体に良くないことがあるので注意したいことを紹介します!

食べ過ぎてはいけない!

納豆は、栄養満点なのでたくさん食べよう!と思った方へ【悲報】です。

納豆は、食べ過ぎると吐き気や胃のもたれなどの症状が出てしまいます。

女性の場合は、納豆に含まれる『大豆イソフラボン』という乳がんを予防できる成分が、納豆を食べすぎると女性ホルモンのバランスが悪くなり月経周期の乱れや子宮膜増殖症などの症状が起きるようです。

たくさん食べても2パックにしましょう!

そして

納豆は、だけに一日に一気にたくさん食べないでまめに毎日食べましょう!

温めて食べてはいけない!

納豆の成分『ナットウキナーゼ』は、熱に弱く70℃に温められるとナットウキナーゼが死滅してしまいます。

なので、健康のために食べるのであればそのまま混ぜて食べることをおすすめします。


参考:その調理、9割の栄養捨ててます!

まとめ

納豆をおすすめする理由

  • 腸内の整理
  • 骨を丈夫にする
  • 血液がさらさらになる

以上に3つです。

夕食の一品に悩んだときに、納豆をいれてみてはいかがでしょう!

納豆は、日本の誇れる食べ物なので毎日食べるのもいいですよね!

苦手な人も、おいしい食べ方を見つけて食べてみてほしいと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。