より可愛くかっこよくなるためのお風呂の入り方!

こんちには、アサカ(@Strongest_Asaka)です。

 

突然ですが!皆さんは!お風呂の入り方合ってますか?

 

お風呂というものは、毎日入るものなのでその中で『かっこよく又は可愛くなるためのお風呂の入り方』を、知っているか知らないかでは、他の人と差が出てきます!

 

逆に『体によくない入り方』をしてしまうと...ちゃんと体の汚れが取れな無かったり、ニキビの原因を自分で作ってしまうことだってあります。

 

なので今回は、かっこよく又は可愛くなるためのお風呂の入り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お風呂に入る前に注意点!?

まずは、お風呂に入る前に知っておくと良い注意点を紹介していきます。

1番風呂は危険

1番風呂は、浴室と浴槽の温度差が凄くありそのまま入ると体に負担がかかり高齢者の方は、『心筋梗塞.脳血管障害』になって恐れがあるので、シャワーなどで浴室を温めてから入ると温度差があまりなくなるので安心して入ることが出来る。

 

しかも1番風呂は、水道水に含まれる『塩素』が含まれていて肌に悪いので、入る前は入浴剤や自分が入る前に他の人を入れてから入るようにしましょう!

 

食事後すぐは駄目

食後すぐにお風呂に入ると、血行が体全体に流れてしまうので胃や腸に血流が行かなくなり、うまく消化できなくなってしまうので、食後は30分開けてから入るようにしましょう。

 

お風呂は夜入る

お風呂は、夜入るようにしましょう!

 

朝は体温が高いので、お風呂に入ることによって逆に体を冷やしてしまい、風邪をひいてしまう恐れがあるからです。

 

しかも、朝は仕事や遊びなどでバタバタしてることが多く、適当に体や髪を洗ったり髪を乾かさないまま外出したりと、より風邪を引く可能性があるので、よほどのことがない限りは朝風呂はやめときましょう!

 

女性は、メイクを落としてから

お風呂に入る前に、メイクを落とすようにしましょう!

 

メイクを落とさないで入ると、うまく皮膚から老廃物が出なくなってしまうのでニキビなどのお肌のトラブルが起きてしまいます!

 

お風呂に入る前にはお水を1杯飲む

お風呂に入ると汗をかいて脱水症状になる事があるので、お水を1杯飲んでから入るといいでしょう。

 

出た後も飲み物を飲みものを飲んだ方がいいです。体を冷やしてしまう冷たい飲み物ではなく、温かい牛乳などを飲むといいでしょう!

※牛乳には、眠気を促進させる効果があるので不眠症状がある方はぜひお試しを...!

良いお風呂の入り方

1.浴槽に入る前には、体にお湯をかけて体を温めます。

すぐに入ると体に負担がかかってしまうかもしれませんし、体の汚れを一回流すという意味でも体にお湯をかけましょう。

 

2.浴槽にゆっくり入ります。

ゆっくり入らないとお湯も減りますし、体に負担がかかるので少しずつ体を温めましょう。

 

3.浴槽から出て頭.体を洗います。

肌がふやけると体の汚れが浮き出てきて汚れが取りやすくなるので、浴槽に入る前に体を洗う方よりも体がきれいになります。

 

頭はお湯だけで頭の汚れを落としてから、シャンプーやコンディショナーやトリートメントを使います。

 

体は、心臓から遠い足先☛膝☛腰☛お腹 手先☛ひじ☛背中の順番で洗うと良いでしょう。

 

 体にシャンプーが残っているとニキビの原因になるのでしっかり洗い流しましょう。

 

4.洗った後は体を温めなおすためもう一度入ります。

体を洗ったら体が冷えるのでもう一度入りなおして温めなおすといいでしょう。

 

お風呂の温度は、体調に合わせてぬるい(38~40℃)と感じるぐらいが丁度いいです。

 

  • 15~20分間➡リラックスできるので、疲れている時はこの時間入ると良いでしょう。
  • 39~41℃ ➡は、肩こりや腰痛や冷えむくみに効果があります。

 

 熱いお湯(42℃以上)は、体が興奮状態になりリラックスできなくなるので熱すぎるお湯は入るのは辞めときましょう。

 

5.浴槽から出たら汗が引くのを待ってからパジャマに着替えましょう。

汗をかいたままパジャマを着てしまうと体の温度が下がってしまうので、汗もお風呂でついた水もしっかり柔らかいタオルでふき取りましょう。

 

6.お風呂から出た後は水分補給をしましょう!

冷たい飲み物を飲むとせっかく温めた体が冷えてしまうので、人肌に温めた水やミネラルウォーターを飲むといいです。

 

スポンサーリンク

お風呂に入るメリット

  • お風呂の水圧で、むくみが解消される
  • 浮力で体が軽くなり筋肉も無駄な緊張もなくなるので全身でリラックスできる。
  • お風呂に入ると体が温まり血管が広がり老廃物や疲労成分が体から出ていくので体の中から健康(綺麗)になれる。

まとめ

お風呂は、毎日入ると健康で幸せになれるというデータがあるので、体調が悪い時以外は毎日入ったほうがいいですね。

 

お風呂は、温度で効果が変わるのも面白いですね。今日は肩がこってるから少し熱いお風呂入ろうとか、家に温度計があると便利かもしれませんね。

 

広い浴槽の方が、リラックスできて疲れも取れやすくなるので、たまには温泉に行ってのんびりするのもいいですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。