いじめは、なぜ減らないのか?自己流対策も紹介!

こんにちは、いじられキャラあさかです。

 

僕は、高校の時に1年間いじめをうけており、いじめをうけてきた僕だから書ける記事があるんじゃないかと思ったので、書かせていただきます。

スポンサーリンク

いじめが減らない理由

毎年どこの学校の誰がいじめで、自殺をしていたなどのニュースを見かけることがあります。

 

最近『いじめの数が増えているか?』を、調べてみると増えているようです。

 

私自身は、親や先生などに言わないで、この高校を卒業するまでいじめを耐えれば終わると思っていたので、誰にも言わなかったです。

 

私のような人もいると思うので、調査している数よりも多くの人がいじめられていると思います。

 

最近のいじめは、集団で無視したり意地悪されたりするいじめが多いようです。

このいじめの怖い部分は、いじめられている人を守ろうとするとした人も、いじめられてしまいやすいので、いじめている側にたくさんの人がついてしまうことです。

 

小学生の作文で、いじめをしている人に立ち向かえばいじめは無くなるという作文は、たくさんあると思いますが、学校と言う小さい空間でいじめている側の集団に立ち向かうのは、無理に近い事だと思います。

 

いじめっ子は、家庭の不安などでやってしまうことが多いそうなので、親がうまくコミュニケーションをとれてないと駄目なんだなと思いました。

いじめの原因

いじめの原因は、自分と違うという理由でいじめが始めることが多いと思います。

 

例えば『太っている』『はげている』などの自分と違うもののせいで、そこをいじられていくうちにいじめに繋がっていく場合が多いと思います。

 

その他には、いじめられる側にも問題があることもあります。

 

人の悪口を言ったり嫌なことをやったりしている人が、無視されたり暴力を振るわれたりする場合です。

 

この場合は、少しはいじめられる側も問題がありますよね。

 

テレビを見ていると『いじめっ子が悪いのか?』『いじめられる方も何らかの原因があるんじゃないか?』と話しているところ見ることがありますが、私はケースバイケースだと思っています。

スポンサーリンク

いじめる理由

いじめる理由は、調べると面白半分が30%うさばらし20%自分と違う15%嫉妬10%らしいです。

 

いじめの理由は、小中高と大人で違う理由があると思います。

 

小学生の時は、楽しいからやっているという感覚でやっていると思います。

 

なぜなら、僕の小学校の時の友達にアトピーの友達がいました。

 

その友達は、ひどいあだ名で呼ばれたり、頭を触られて「キャー」などと言ったこともされていました。

 

その時僕もその友達のことをひどいあだ名で呼んでいました。

 

今思うとひどい事言っていたなと思いますが、小学生の時には楽しいから言っていたような感覚でした。

 

中高校生でいじめる理由は、親に家で厳しく育てられたりする子供が、外で自由になり家でたまったストレスを解消したりするために、いじめをしていると思います。

 

最終的には自殺に追い込んだりすることもあります。

 

大人でのいじめは、相手の気持ちを理解できない人がやる行為だと思います。

 

いじめっ子は、社会にでると6割の人が犯罪者になるそうです。

 

これは、人の気持ちを理解できないまま大人になり暴力をふるったりお店で迷惑行為をしたりして、犯罪者になっているんじゃないか?と思っています。

いじめ対策

僕は、アニメを見ていてこれはいじめ対策になるなと思ったのは

 

アンパンマンには、いじめがない

 

ドラえもんにはいじめがありますが、映画になるといじめがなくなる

 

クレオンしんちゃんにはいじめがありますが、映画になるといじめがなくなる

 

この差は、敵がいるかいないかです。

 

というとこは、学校で言うと先生がものすごい怖い先生なら先生が敵になり、いじめが起こりにくくなると思うんです。

 

最近の先生は、生徒と仲良くしすぎていていると思います。

 

しかも、大体先生といじっめこは仲がいいので、私みたいないじめられっ子は先生に相談しようなんて思いもしませんでした。

 

先生は昔のように、木刀(ぼくとう)を持って歩いている先生がいたほうが、いじめっ子やその他の人も先生に気が向いて、いじめが少なくなると思うのです。

 

しかし、感情的に怒る先生は駄目だと思います。

 

僕の場合は、自分のクラスの人が先生にいじめが起きているという事を、教えてくれていて、いじめが起きていることが、確定したときにいじめっ子は、退学になりました。

いじめられている子の親はどうすればいいのか?

私が思うに、いじめられている時はあと何日我慢すればいじめ終わるから頑張ろうと思って毎日過ごしていました。

 

学校の休み時間は、先生がいないので何をされるのかわからないので、廊下に出たり教室にいないようにしたりしていました。

 

そういう風に毎日過ごしていると家だけがくつろげる唯一の場所なので優しくしてあげてほしいです。

 

そして、休みたいや学校に行きたくないと言ったら頑張れや我慢すればいけると言わずに休ませてあげてほしいです。

 

いじめられているときは、一人だけで戦っているような感覚だったので、「お母さんがついてるから大丈夫だよ」「お母さんはあなたを裏切らないよ」など言ってあげると、いじめられている子はお母さんは仲間だからいじめられていること話そうかな思うので、子供が元気がない時は優しくしてあげてください。

 

自分がいじめられていることを話してくれたら「なんで早く言わないの」ゃなくて気付いてあげられなくてごめんね」言ってあげてくださいね。

 

お父さんも学校に行く機会があれば一緒に行ってあげてください。

 

学校は父親が来たらいっそう丁寧に説明してくれるはずです。

まとめ

私はいじめる子も悪いと思いますが、もっと悪いのは大人なんじゃないかと思います。

 

学校もいじめがあると学校の評価が下がるからなかったことにしたり、親も自分の子との関係がしっかりしてないからいじめに、気付けないんじゃないのかなと思います。

 

最近は、自分の子どもよりもスマホの方を見ている時間の方が、多い大人もたくさんいると思います。

 

大人がしっかりしていたらもっといじめが少なくなったり救える命もあったんじゃないかと思うですよね...

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。