とちもりの作り方&どのくらいくっつくのか調査してみた!

こんにちは、あさか(asaka)です。

 

皆さんは、とりもちを作ったことはありますか?

 

私は作ったことが無くて、今回調べて作ってみたので、皆さんに『作り方と使い勝手はいいのか?』を紹介します。

スポンサーリンク

とりもち作りに用意するもの

まずは、用意するものを紹介していきます。

 とりもちを作るために必要なもの 

  1. 小麦粉
  2. サランラップ

以上の3点が必要になります。

 

小麦粉の量は100gで作ると、とりもちは25gできます。

 

水の量は、小麦10に対して水は7です。

 

とりもちの作り方

風船スクイーズの作り方を紹介していきます。

 

1⃣まずは、ボールに小麦粉を入れていきます。

 

ボールは、小さいものよりも大きいものの方が、こぼれにくいのでおすすめです。

 

2⃣ボールに小麦粉が入ったら、水を少しずつ入れて手で混ぜていきます。

 

3⃣手に小麦粉が付かなくなってきたらOKです!

 

4⃣丸めてからラップをかけて1時間放置する!

 

5⃣一時間経ったら、何かに水を溜めます。

 

水が溜まったらその中で、もみ洗います。

 

6⃣洗っていると、硬くなってくるので『もういいな』と思ったら次の工程に入りましょう!

 

7⃣次の行程は、洗った小麦をドライヤーで乾かします。

 

乾かすときは、まんべんなく乾くように手で混ぜながら乾かします。

 

8⃣ある程度乾いてきたら完成です!

スポンサーリンク

どれだけくっつくのかを検証!

どれだけくっつくのかを、調査してみました。

 

軽いものから紹介します。

 

1.ペン(30g)

 

2.ペン二本(60g)

 

3.西田君(120g)

西田君は、ペンみたいにくっつけると落ちてしまいます。

西田君
少し重い僕でも、宙に浮くことが出来ました!

 

西田君の作り方はこちら➡西田君の作り方

とりもちとしてつかえるのか?

はっきり言って残念ながら使えません!

 

本物のとりもちだと、数日置いていても粘着力は変わりません。

 

ですが、この小麦粉から作ったとりもちは12時間経つと固まってしまいます

 

例えるならば、スライムに近い感じがしました!

 

なので、使えないと思いました。

 

以上平成の粘り気が最もあると言われる『あさか』が紹介しました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。