怒りっぽい人の共通点には...過去のトラウマが理由だった!?

こんにちは、アサカ@Strongest_Asakaです。

 

最近のことですが、私が若いというのもあって『おいっ』『こらっ』などと、怒鳴られることがよくあります。

 

私の休憩中や多少の失敗をしてしまったときにです。たまには、失敗をしていなくても、何かにつけて怒ってくる人もいます。

 

そこで私は、ふとこう思いました。

 

なぜ怒っりぽい人は、人を怒ってしまうのだろう...とね!

※画像は、イメージです

 

そう思い、いろいろ調べてみると怒りっぽい人には...心配性・生活習慣が悪いなどの共通点があることが分かりました。

 

そこで今回は、怒っりぽい人の特徴や出会ってしまったときの対処法を、詳しく紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

人が怒る理由とは?

人が怒るときは、自分の期待通りにいかないときや不安なときに、イライラしてしまい怒りという感情を使います。

 

これは、自分の期待を裏切られたと感じることや精神状態が不安定から怒ってしまうのです。

 

例えば子供の時に、家に帰る時間が遅れて母親に怒られたとします。

 

このとき母親は、「子供が事故や誘拐などの事件にあってしまっているんじゃないか?」と不安になり、精神的に不安定になることで、イライラしてしまい子供が帰ってきたときに、怒ってしまうのです。

 

人が怒る時を紙コップ例えると、イライラしてない場合は怒りという紙コップが空っぽの状態です。

 

この紙コップが、何かの理由で怒りという液体が溜まっていきあふれたときに、怒ってしまうのです。

 

よく言う心が広いや心が狭いという言葉の、心が紙コップの大きさを表す言葉なんじゃないかと思います。

怒る理由
心の余裕(紙コップの容量)が少ない時にイライラしてしまい、心の余裕がなくなり怒りという感情を使って、その場を自分の思うようにしようとするという理由から

怒りっぽい人の共通点5つ

ここからは怒りっぽい人の共通点を紹介していきます!

1.自分に自信がない

自分に自信がない人は、自分が成功することを考えようとせずに、『自分が失敗したらどうしよう』と考えてしまうので、いつも自分が失敗しないようにピリピリしてしてしまいます。

 

なので自分の仲間が何か失敗しそうな行動を取ったら、自分も巻き添えを食らってしまうと考えて、すぐに怒ってしまうのです。

 

こういう人は、昔に少し失敗しただけでも親や教師などの大人から怒鳴れながら育っていると考えられます。

 

なので、大人になっていても子供の頃のトラウマから少しでも失敗したら誰かに怒られるという、恐怖がいつも自分のどこかにあるので、失敗したら怒られる=怖いという風になってしまっているので、少しでも怒られないように、失敗を恐れて怒りっぽくなってしまうのです。

2.食生活の栄養の偏り

食事がいつもコンビニ弁当.カップ麺.ジュースなどを、食べている人は栄養の偏りから心の余裕が無くなってきます。

 

そのせいで、体にストレスが溜まりやすい状態になり、少しでもイライラすることがあればすぐに怒ってしまうようになります。

3.家庭環境

虐待などで親から愛情を与えられない環境で育った子供は、感情がとても不安定(情緒不安定)です。

 

情緒不安定になると、人のことが信用出来ずにいつか見捨てられるのじゃないのかなどの不安やストレスで、精神的にボロボロの状態です。

 

情緒不安定が原因で、『怒りやすくなったり』『泣きやすくなったり』してしまいます。

4.睡眠不足

睡眠はストレス解消や体の老廃物をきれいにしてくれることで、体を元気づける効果があります。

 

睡眠不足になるということは、先ほど紹介した元気づける効果が少なくなるということなので体は、ストレスが溜まりやすい状態になり、しかも、体は老化していきます。

 

なので寝る前にはスマホやパソコンを見ることをやめて、長い深い眠りにつけるようにしましょう!

5.ストレスが溜まっている

以上の4つを見てくれていればわかると思うのですが、ストレスが溜まるということはイライラしやすくなります。

 

そしてイライラしやすくなると怒りやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

怒りっぽい人はどうすればいいのか?

続いては、じゃあそんな怒っりぽい人はどうしたらいいのかを紹介していきます。

利き手と逆の手を使う

利き手と逆の手を使うことによって、怒りの対処のことよりも逆の手の方に意識がいきます。

 

意識が違うところに行くことで、怒りの方に意識がいきにくくなるので、怒りの感情は薄れていき怒りにくくなります。

気分転換をする

あなたがイライラしている原因から離れて、外に行って自分の好きな音楽や外の空気を吸って気分転換すると怒りにくくなります。

 

一回自分の精神を落ち着かせつ事が大事です。

食べ物の改善

コンビニ弁当もおいしいですしすぐ食べれますしいいですが、栄養を考えて野菜や魚などをたべてみればどうでしょうか?

 

栄養の偏りは、イライラもそうですが病気の原因になるので気を使うことが大事になります!

ストレス解消をする

平日に溜まってしまったストレスを休日に発散してしまいましょう。

 

休日に自分の好きなスポーツや、歌が好きなら友達とカラオケなどをしてストレスを飛ばしてしまいましょう!

怒っりぽいを治すには?
自分のストレスの原因を考えて、その原因を解決することで少しは怒りにくくなる!

怒りっぽい人に合うときはどうすればいいのか?

怒っりぽい人に会うときの対処法を紹介いたします。

食事ができるとこでお話しする

空腹になると、皆さんも何かイライラしたこともありませんか?

 

多くの人は空腹になると自然とイライラしやすくなるので、怒りやすい人とは食事をしながらお話しした方がいいですね!

 

また、食事の場所が怒りにくい静かな場所だとよりよいかもしれませんね!

謝ってから何が駄目か聞いてみる

怒っりぽい人に質問をするときは、一回「すみません」とクッションを入れてから話すようにしましょう!

 

「何か私言いました?」

 

「すいません、私何か言いました?」

 

下の方が、優しく丁寧に聞こえるので『すいません』と一言付け加えて話すようにしましょう!

車の場合は窓を開ける

車の場合は、何分も一緒にいるのでずっと「前の車遅いな」「運転下手くそは乗るなと」などとずっと言っているのを、聞きながら乗っていたら気分悪いですよね?

 

なのでこの場合は、窓を開けて怒っている声が外にも聞こえる状況を作り、怒らないようにさせましょう!

 

 ですが、いつも車の中で発散されていたストレスが、発散されていないわけですから、車から降りた後は「ありがとう」と言ったらすぐに、目的地に向かった方がいいでしょう!

また怒るときに怒鳴る人にはどうすればよいか?

怒鳴る人は、相手の考えを聞かず自分の考えばかりを次から次へと主張してきます。

 

毎回謝っていると暴力をしてくることもあるかもしれないので、かかわらないほうがいいですね。

 

そういう人には、なにを言っても無駄ですが、一度「小さい声でもわかりますよ」と言ってみるといいかもしれません

 

そうしたら、わかった思い考えて小さい声になる可能性もありますよね。

怒っりぽい人への対処法
できるだけ距離をとる
会いたくないなら会う回数を減らしていく

まとめ

怒るというのは自分も相手も嫌な気持ちになってしまうのであまりいいものではありません。

 

もし人を怒るときは、怒るのではなく叱るようにしましょう。

 

叱るは言うのは、相手の意見も聞いてアドバイスしてあげることです。

 

叱ると相手も自分のことをよく思ってくれることでしょう!

 

怒っりぽい人まとめ
怒りやすい人は、自分に余裕や自信がないことで精神が不安定になり怒る
怒っりぽい人と会うときは、できるだけ距離をとる

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

以上平成の怒りっぽい人が、苦手なアサカでした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。